青春18きっぷで新幹線や特急、指定席やグリーン車に乗車する方法

「青春18きっぷで新幹線に乗れますか?」という質問は多いのですが、ルール上は「乗れません」。日程の都合や時間短縮、ワープなどの目的で乗車する場合は、新たに乗車区間の乗車券と新幹線特急券を購入しなくてはなりません。つまり、「青春18きっぷ+新幹線特急券」の組み合わせは不可で、「乗車区間の乗車券+新幹線特急券」を新たに購入する組み合わせで乗車できます。新幹線に乗車する場合、青春18きっぷは完全に無効となるので注意してください。ただ、以下のように例外があります。

■乗車できる新幹線区間
青森県と北海道の間には、青函トンネルがあり線路が結ばれていますが、この区間は在来線の列車がなく、北海道新幹線と貨物列車しか通っていません。そのため、「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」を購入する事で、北海道新幹線の奥津軽今別(青森県)~木古内(北海道)間に乗車でき、この区間を通過することができます。

さらに、北海道側の木古内駅から先はJRの在来線がないので、第3セクター「道南いさりび鉄道」の木古内~五稜郭にも乗車できます。このきっぷの有効回数は、北海道新幹線と道南いさりび鉄道のそれぞれ片道1回のみとなっています。

この区間の在来線から北海道新幹線への接続駅は、青森県側では、JR津軽線の津軽二股となり、連絡通路で隣接する北海道新幹線の奥津軽今別へ移動することになります。北海道側では、木古内で北海道新幹線と道南いさりび鉄道、五稜郭で道南いさりび鉄道とJR函館本線が接続します。

【青春18きっぷ北海道新幹線オプション券】
[片道1回分]
○価格: 2,300円
○有効期間: 乗車日当日のみ
○発売期間: 青春18きっぷ利用期間の10日前~利用期間の最終日
○利用期間: 青春18きっぷと同じ

※青春18きっぷとの併用が使用条件であり、単独では使用できません。
※新幹線の場合、普通車の空席のみ着席可能で、グランクラスとグリーン車は乗車できません。満席の場合は、デッキや通路での立席となります。
※奥津軽今別~木古内以外の区間に乗車の場合は、別途、乗車券と指定席券が必要です。
※道南いさりび鉄道は、木古内と五稜郭のみ途中下車ができます。それ以外の駅で途中下車した場合は、道南いさりび鉄道の区間は無効になり、再び乗車するには、別途、乗車券が必要になります。

JRの一部の区間には、特急列車しか走っていない区間があります。これも、利用者の利便性を図るため、一部の例外規定があります。

■特急列車に乗車できる区間
特急列車しか走っていない区間、新幹線や空港へのアクセスを考慮した、特急列車に乗車可能な特例区間を設けています。

[特急列車しか走っていない区間]
□新夕張~新得(石勝線・JR北海道)
スーパーおおぞら号、スーパーとかち号

[新幹線アクセスを考慮した区間]
□青森~新青森(奥羽本線・JR東日本)
つがる号

[空港アクセスを考慮した区間]
□宮崎~宮崎空港(宮崎空港線・JR九州)
にちりん号、にちりんシーガイア号、ひゅうが号

上記の3区間は、追加料金なしで特急列車の普通車自由席に乗車できます。グリーン車や指定席は利用できませんので注意してください。グリーン車や指定席を利用する場合は、別途、乗車券、特急券が必要です。特例区間を超えて乗車する場合は、別途、特例区間も含めた、特例区間以外の乗車券と特急券が必要になります。つまり、特例区間の恩恵を受けるには、特例区間内で乗車を完結する必要があります。

■普通・快速列車の指定席やグリーン車に乗車できる
少しでも快適な旅をしたい方には、指定席やグリーン車の利用もおすすめです。指定席やグリーン車が設置されている、普通列車や快速列車には、別途、指定券を購入すれば乗車できます。ただし、指定席グリーン車は乗車できないので注意してください。定期列車の他、臨時列車、観光列車、SLなどにも適用されます。

(○乗車可)
指定席、グリーン車自由席
(×乗車不可)
グリーン車指定席
※マリンライナー(岡山~高松)

[指定席がある快速]
快速エアポート(小樽・札幌~新千歳空港)、快速みえ(名古屋~鳥羽)、快速マリンライナー(岡山~高松)、ムーンライトながら(東京~大垣)、ムーンライト信州(新宿~松本・信濃大町・白馬) など

[グリーン車がある首都圏の快速・普通]
東海道線、横須賀線、総武快速線(総武本線・内房線・外房線・成田線の一部も含む)、宇都宮線、高崎線、常磐線

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする