青春18きっぷの難所区間

青春18きっぷを使う上で、通過困難な難所区間に遭遇する場面が訪れる事も珍しくありません。予め、情報を知っておくことで、対策や回避をする事ができます。

【普通列車の本数が極端に少ない区間】
JRのローカル線には、本数が1日に2~3本の極めて少ない区間が存在します。行き当たりばったりで旅行すると、長時間足止めされる事態に陥ります。以下の路線が、その代表格です。事前に時刻や行程の対策を計画しておくといいでしょう。

・宗谷本線(稚内~音威子府)
・石北本線(上川~白滝)
・只見線(只見~大白川)
・木次線(出雲横田~備後落合)
・芸備線(備後落合~東城)
・小野田線(雀田~長門本山)
・日豊本線(佐伯~市棚)

【民営化された第3セクターの民間路線】
かつては、JRの路線で乗り通しができましたが、第3セクターとして民営化されたため、18きっぷの利用できなくなってしまった区間があります。特に以下の路線は、かつての幹線区間であり、18きっぷが利用できないことは、大きなハンデになってしまいました。これらの区間を避けるように進むのも選択肢の一つとして構いませんが、時間を有効に使うならば、別料金を支払い乗車することも効率的です。

・道南いさりび鉄道(木古内~五稜郭)
・青い森鉄道(目時~青森)
・IGRいわて銀河鉄道(盛岡~目時)
・三陸鉄道北リアス線/南リアス線()
・しなの鉄道(軽井沢~長野~妙高高原)
・えちごトキめき鉄道(妙高高原~直江津~市振)
・あいの風とやま鉄道(市振~富山~高岡~倶利伽羅)
・IRいしかわ鉄道(金沢~倶利伽羅)
・肥薩おれんじ鉄道(八代~川内)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする