購入方法・価格・使い方

■購入方法
JR主要駅の指定席販売用券売機、JRみどりの窓口、旅行センター、各旅行会社などで購入できます。予約は必要ありません。

当日でも購入できます。ただし、券売機が設置されていない駅があります。また、窓口の営業時間にも、ご注意ください。早朝や深夜に出発される方は、前日までに購入しておくことをおすすめします。

最近は、金券ショップやヤフオクなどでも購入できるようになりましたが、常に販売・出品されているとは限りません。価格も定価より高くなる事もありますので、余裕を持って自己責任で購入してください。

■価格
11,850円(税込)
※子ども料金の設定はありません
※1枚で5回分を利用できます
※回数ごとのバラ売り購入はできません

■払い戻し手数料
220円(税込)
※有効期間内の未使用な状態のみ可
※運休や遅延による払い戻しはできません

■乗車できる列車とフェリー
JR全線の普通列車と快速列車(観光列車・SL・通勤ライナーも含む)、広島の宮島フェリー(JR宮島口駅~宮島)に乗車できます。新幹線、特急には乗車できません。
※観光列車・SL・通勤ライナーなどに乗車するには、別途、指定席券やライナー券が必要です。
※グリーン車自由席も利用できますが、別途、グリーン券が必要です。指定席グリーン車は利用できません。

■乗車できない列車
新幹線、特急、私鉄
※新幹線や特急に乗車するには、別途、乗車区間の乗車券と特急券を購入すれば可能です。
※新幹線や特急しか走っていない区間が複数あり、その区間に限って乗車できる特例があります。詳細は特例のページに書いてありますので、そちらを参考にしてください。

■途中下車
有効期間内なら、何度でも可能です。

■利用方法
[入場・出場]
自動改札では使用できないため、駅員がいる有人改札で提示してください。無人駅の場合は、乗車後に車掌へ、ワンマン運転の場合は運転士へ提示してください。使用日の最初に改札を通る際、券面にある日付スタンプ欄へ乗車駅と乗車日が印字された印を人数分、押してもらってください。その後、当日中の人数変更はできません。翌日以降も、最初に乗車する駅で同様の手続きが必要です。

1枚で複数人(2人~5人まで)が同時に使用する場合は、全員が揃った状態で改札を通る必要があり、それぞれが単独で改札を通ることはできません。

有効期間内であれば、使用日が連続していても、分散していても構いません。

[1回あたりの有効時間]
使用日の24時まで有効です。ただし、東京や大阪の特定区間は終電が24時以降もあるため、終電の運転時間までとなります。

[使用回数のカウント方法]
人数や日数により多くのパターンがあります。1枚につき、5回まで使用する権利があり、1回は1日分に相当します。5回分を全て1人で使ってもいいですし、最大5人までの複数で使っても構いません。複数(2人~5人)で同時に利用する場合、1人につき、1回分(1日分)を使うことになります。

全て1人で使用する場合が、最も長い5回分(5日間)の使用ができます。逆に5人で同時使用する場合は、一度に5回分を使い切ってしまいます。この2つのパターンが最も単純明快な使用方法です。

1人と複数を組み合わせて使用する方法もあります。1人で数回使い、残り回数に応じて2人~4人で使うパターン。2人~4人で使い、残り回数に応じて1人で使うパターン。これらには、無数の使用パターンがありますので、人数や目的に合った使い方をしてみてください。

また、購入者だけに使用権利があるわけでなく、譲渡もできます。

■遅延や運休の場合
原則として、払い戻しはできません。また、振り替え輸送などの確実な保証もありません。そのため、緊急時の対応策も考えておく必要があります。

■1回分あたりの有効時間
1回分の有効時間は、0時~24時となっています。この時間内で使用が完結すれば、何も問題ありませんが、注意したいのは、日付が変わる翌日にまたがり運転される夜行列車に乗車する場合です。この場合、日付が変わり、0時を過ぎて最初に停車する駅までが有効となります。

代表的な事例が、夜行列車の「ムーンライトながら号」のケースです。この列車は東京駅から終着の岐阜県・大垣駅を目指しますが、途中の横浜駅を23時36分に発車し、次の停車駅となる小田原駅までの走行区間で日付が変わり、小田原駅には翌日の0時30分に着きます。この時点で、前日からの有効が切れることになります。

また、東京や大阪の都市圏では、青春18きっぷに対する電車特定区間が設けられており、特例として、この区間内であれば、日付が変わっても終電まで乗車でき、有効時間が延長されます。

[東京の電車特定区間の限界駅]
中央線・高尾、五日市線・武蔵五日市、青梅線・奥多摩、東海道線・大船、横須賀・久里浜、鶴見線の全駅、宇都宮線/埼京線・大宮、常磐線・取手、総武線・千葉、京葉線・千葉みなと

[大阪の電車特定区間の限界駅]
東海道線・京都、山陽本線・西明石、桜島、長尾、奈良、東羽衣、和歌山

青春18きっぷは、早朝や午前中の早い時間帯から長時間使用した方が、断然お得です。遅い時間帯から使用すると、有効時間が短くなってしまうので注意してください。どうしても遅い時間帯から使用する場合は、青春18きっぷを使わず、翌日までのつなぎとして、通常の乗車券を併用する事も方法の一つです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする